残照の鉄橋。

ほんの少しだけまだ列車に陽が当たっている。

あと数十秒早かったら・・。

谷間の残照はそれでいて素敵な余韻をもって暮れてゆく。

2020年2月7日   秩父鉄道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA