金尾峠から。

通っていた熊谷の高校には県北はゆうに及ばず秩父からも結構な数の生徒が通っていた。ある時、長瀞から来ていた同じクラスの彼から金尾峠越えの道を教わった。バイク乗りの彼は秩父はもちろん寄居に抜ける間道もよく知っていた。

自分は言うと・・「秩父鉄道が見えるじゃん」、てなわけでその後何度となく当時住んでいた大宮からバイクで通うことになったわけです。当時の道は一車線の狭い道で通る車もほとんどなく道路脇に三脚を立てのんびりと撮影が出来ました。もちろんその頃はデキを撮る人はほとんどいなく何時行っても自分だけ・・そんな感じでした。この道路、今は国道140号の長瀞方面への迂回路となり道幅も2車線、トラックや乗用車がひっきりなしに通る幹線道路です。

そしてこの構図ですが現在は手前の木々が伸びまったく見えません。40年も経てば当たり前ですよね。そういえばこのあたり今は近くの金尾山つつじ園からの俯瞰で有名のようですが自分はというとやはり荒川を入れたこの頃の雰囲気がお気に入りでした。

マミヤC220 105mm

1980年11月(たしか11月14は県民の日でお休みでした)   秩父鉄道。

ミヤハマ晩夏。

東北本線にも115系が当たり前だったころ。

夏の終わり秋の気配が忍び寄る。いつもの列車はいつものように駆けてゆく。

普段から自分のテリトリーを大事にして色々な構図で楽しむのも面白いんだけどねぇ。此処東大宮~蓮田は今でも人気の撮影地だが多くの鉄の方々はお立ち台のお決まり構図でしか撮らない輩がほとんどのような気がする。もったいないねぇ・・・。まぁ所詮趣味の問題だと言われればそれまでだが。

撮っておいてよかった115系。

ペンタ6×7 55mm

1982年8月   東北本線。

夕暮れの横川駅。

軽井沢から降りてきて横川駅で今日最後の撮影。

上の写真は雑客の各駅停車。高崎から2326ㇾになる列車のようだ。菱形パンタ6つは何ともカッコイイ。下の写真は貨物を押し上げるロクサン、先頭にはロクニ。そして機回しするロクサン。

初めて横軽を訪れた訳だが開けた場所での撮影が叶わない線区なんだなぁと思った。当たり前だが最短距離で66.7‰を行き来するのだから一切の無駄を省いたその線形はトンネルと鉄橋の連続で本当に厳しいところだと実感した。

1979年4月   信越本線。

浅間と離山とロクサンと矢ケ崎変電所跡。

初めての軽井沢はそれまでに行ったどこでもなかった。それが第一印象。

旧18号で峠を越すといきなり広がる景色、普通は峠を越すとそこからまた長い下り坂があるものと思っていた。しかし軽井沢は違っていた。いきなりまさに高原という言葉がぴったりの雄大な景色が待っていた。

もちろん外国などには行ったこともない自分だが日本離れした景色というのはこうゆうものかとひどく感心したのを覚えている。

アプト遺構の変電所も残っていてそこへロクサンに牽かれる電車。なるほど急勾配がもたらす意味が少しわかったような気がした。

昨日女房とアウトレットに行ったのだが帰りしなにこの撮影地を見てきた。手前には新幹線の重厚なコンクリート、目を凝らすと奥には旧線の路盤と架線が見えた。しかし矢ケ崎の変電所は跡形もなく更地になっていた。アプト遺構の丸山変電所は鉄道遺産として再建されたがこちらはものの見事に無くなってしまうとは。新幹線建設おそるべし。

昨日はそれから北軽井沢に行き浅間牧場でアイスクリーム食べて草軽の痕跡を眺めつつ浅間大滝へそして二度上峠から倉渕、高崎を経由して藤岡から関越に乗って帰ってきました。

軽井沢の空気をまた吸いに行きたいなぁ。

1979年4月   信越本線。

緑濃くなり。

山道を登ってきた木陰には薫風かおる涼風。

その濃くなる緑とは対照に風がさわやかに感じられるのは今日は湿度が低いからなのだろう。

この辺りは新田と名の付くところが多い。地図を見るとため池の多いことでも分かるが山間地の割合高いところまで田んぼマークがある。俯瞰撮影に行くとそういったところのあちこちに耕作放棄となった休耕田を見ることがある。特に耕作を止めて数年であろうと思われる休耕田のなんと多いことか。

新田はやがて緑濃い山に帰ってゆくのか・・。新田だったのに・・・。

2020年6月10日   只見線。

春から夏へ・・。

田植えが終わり青稲がすくすく育つ頃。田植えをした順番が分かるだろう。その微妙な配色がなんとも言えないグラデーションとなって季節を演じている。

もう少しすると一面の緑になるのだろう。そしてやがて迎えるであろう黄金の季節へ。そうしたらまた真っ白な季節へも。

繰り返し繰り返しこの地で生きていく限り。

2020年6月10日   只見線。

只見川に沿って。

瀬からトロ場へと向かう此処。木から落ちた少し大きめの昆虫・・蝉のようだが・・。暫くすると魚が飛び出してきた。

波紋が落ち着くと何事もなかったかのようにまた深いトロの色に戻ってしまった。

キハがエンジンの唸りを上げて鉄橋を渡り通り過ぎて行く。

そしてまた何事もなかったかのように深い緑色を残して。

ミソサザイだろうか・・・初夏から夏への季節の移り変わりを歌っているかのような忙しい声を後にして岸辺へと戻った。

2020年6月10日   只見線。

朝一番の汽笛。

集落にある小駅から朝の一番列車が下ってくる。その小さな歩廊は此処からは見えない。ただ山陰から発車の汽笛がこだまする。

遠く耳をすませば鳥たちのさえずりと共にレールを渡るかすかな響きまでもこだまして。

今日は暑くなりそうだ・・。

2020年6月10日   只見線。

越後駒ケ岳と中ノ岳。

駒ヶ岳へ登ったのは何年前だったか、枝折峠から頂上へ帰りは途中銀の道から銀山平へ、定宿だった村杉に着いた時のビールがなんとうまかったことか。

中ノ岳へは十字峡から丹後山経由での計画が途中で頓挫し結局登れずじまい、まさに遥かなる山のままだ。

俯瞰撮影で魚沼の地を訪れるとついついそれら峰々を眼で追ってしまうのはそこに色々な想い出があるからなのだろう・・・。

田植えが済んだ魚沼の地。風に乗ってタイフォンの一声が此処まで聞こえてきた。そして山の呼び声も・・・。

2020年6月9日   只見線。