春の陽に。

ウイスタ4×5VXに6×9のバックホルダーを取り付けた一枚。レンズはスーパーアンギュロンの90mm。1985年ごろになるかと思うが、段々と鉄道写真から離れ4×5やブローニによる風景写真に傾倒していったのは・・・。

その頃勤めていたスタジオの先生の暗箱を借りて初めて4×5を屋外に持ち出した。その後すぐに自分のカメラが欲しくなりテクニカルタイプの4×5一式を買いそろえた。レンズは先生曰く持っていないレンズを買えとのことでフジノンSWD75mm、ジンマー150mm、フジノンT400mmとし他にカットホルダー、6×9バックホルダー、広角用袋蛇腹、ルーペ、乾布、水準器、プロンターのレリーズと当時の月給の数倍を覚悟して購入した。実際の撮影では先生が持っていた90、120、180、210、270mmのレンズを拝借して北海道を始めとしてお気に入りの場所へ撮影に出かけた。さらにはその後8×10にまで手を出すのだから、フィルム代現像代撮影費用と年中火の車だった。

この拙いブログでは風景写真を扱うことがあまり有りません。何故なら4×5のフィルムをスキャンするの不精しているわけでたまに6×9ホルダーのブローニがぽろっと出てきたときにスキャンする程度な訳です。

因みにこの写真ライズとティルトをしています。つまらない写真ですがそういったアオリを利かせて撮るのが楽しかった頃の駄作です。

今度4×5を見返してみますか・・・。

1985年5月   水上町谷川地内。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA