朝一番の汽笛。

トンネルをくぐると朝もやの中。

遥か六十里越えをめざして汽車は走る。蒼くかすんだ朝もやを抜けてタイフォンひとつ鳴らして。

その湿り気を帯びた時間は煙草を持つ右手が少しだけかじかむ。列車を待つ間のそんな時間が心地好い。

2020年2月15日   只見線。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA