ヤマの機関車たち。

三ノ輪に最初に訪れたのは高校2年だったか。長瀞の友人のバイクの後ろにまたがり来たんだっけ。

デキやディーゼルは毎日毎日ヤマから石灰石を運んできたんだなぁ・・・。

武甲山は其のヤマのかたちを変えて今に至るわけだよね。その武甲山へ登ったのは随分前になる。影森駅から今は採掘で通れなくなった西参道を行き長者屋敷尾根を降りて浦山口駅に出たんだっけ・・・。いろんな想いが交錯するヤマの道です。

※一部画像修正済み。線路や鉱山敷地内は立ち入り禁止です。

2019年2月12日     秩父鉄道。

そしてまた雪は降る。

3日目の越後路。源泉かけ流しの旅館で朝風呂を浴び車に積もった雪を撥ねてさぁ出発。

社の周りの杉林は段々とその梢にまとわりつき白くなってゆく。線路の雪を跳ね飛ばしいつもの列車はいつものようにやってきた。

あと何回降るのだろう・・・。まだまだ春は先のことかな。

2019年2月8日     上越線。

黄昏時の大沢。

駅裏の小さな社の屋根の雪もあらかた落ちてしまった。改めて暖冬なのだと記憶する。無人駅だが閉まっている駅の事務所にはホームや駅舎の前を除雪する数人の方が見えていた。どうりでホームが綺麗な訳だ。

やがて機械的なアナウンスが下り列車の通過を告げる。

ピィとひとつ嘶き風が過ぎてゆく。遠くのスキー場にナイターの照明が入った。今日はもうおしまい。温泉入って一杯やろうぜ。

2019年2月7日     上越線。