EF57・宮浜AM定番・102レ。

197608_4_001_1miyahama.jpg

宮浜と言えばここ。

 

草刈の成果!、足回りがきれい。

 

しかしこんなときに限って1番。だってパンタが・・・。

 

 

それでも、大好きなゴナナだもの、やっぱりうれしいし楽しい。

 

夏の日のひとコマ。

 

 

1976年8月  東大宮~蓮田。

 

EF58重連・宮浜・荷48レ。

197608_3_010_1miyahama.jpg

OSB足場の横を行くゴハチの重連。

 

次第にゴハチの運用が増えてきた頃。

 

前後にゴナナも撮っているのだけれども露出が・・・。

どうでも良いカットがそこそこ良かったりして、えてしてそんなもの。

 

1976年8月 東大宮~蓮田。

 

EF57・宮浜・団地上から。

197608_3_006_2miyahama.jpg

たぶん尾山台団地の階段踊り場に登って撮ったのでは。

題名こそ団地上だが、実は自信が無い。つまり覚えていないのだ。

構図からすると、宮浜を渡る位置で望遠で俯瞰・・・。

 

いかんせんパンタがポールに被っている。

もう一度取り直しをしてもよさそうだが、その後この構図のカットが出て来ない。

 

今だったら16号バイパスから丁度このように見えるのだが、この頃は

バイパスはないし。

 

 

1976年8月東大宮~蓮田。

 

EF58+EF57・宮浜・122レ。

197608_3_002_001miyahama.jpg

団地カーブ。

 

ゴハチの警戒色が夏のトップライトにまぶしい。

 

スノープロウがすべてを押しのけてこっちへやって来る。

夏の陽をラッセルして。

 

 

やがてゴナナを押しのける彼らを象徴するかのように。

 

1976年8月  東大宮~蓮田。

 

EF57・宮浜AMポイントから振り返って。

197608_2_006_001miyahama.jpg

AMポイントを振り返るとそこには小さな湿地帯。夏になると草ぼうぼう。

 

今ではバイパスと宅地になっている。

小さな水路も草や木や森もみんな無くなってしまって・・・。

もちろんゴナナも。

 

景色の移り変わりは止むおえない。

それが木々や植物の成長ならば致しかたないが、人工物によるのではちょっと寂しい。

 

1976年8月  東大宮~蓮田。