輪廻。

kunashiri84122.jpg
生態系の重要性が話題になる昨今。

必要最小限の動植物の享受はありえるものと。

かつて、アイヌの人々に熊送りの儀式があったように、自然の中に神の存在を意識して生活してきた人々の生業。

特攻船に乗り、旧ソビエト国境までも出漁せざるおえない現実。

“其処”に住む、ということの難しさを感じる。

羅臼より国後を望む。

8月15日を想う。

RIMG03450023.jpg
紙切れ一枚で遠く南方や満州に動員され、挙句に国家に見捨てられ、野末のしゃれこうべとなった多くの先人たち。

翼賛の時代、関東軍の暴走。
侵略侵攻された、彼の国々。

紙切れすらなく、突然の日本行き、行ってみたらタコ部屋労働、人間以下の扱い、繰り返される暴力、粗末な食事。
祖国に帰れることなく、日本の野末の土の下となった多くの人々。

アイゴーと叫ぶ彼らの声がそこかしこから聞こえる。

身内の命日でもある15日に、ふと考えた。
平和とは。

夏の青空を仰ぎ、合掌。

土樽。

ふと、六日町へと用事のついでに、土樽駅へ行ってきた。

無人駅となって久しい待合室には、外国の方がお二人、山から降りられて来たようで汽車を待っておられました。

特急退避で2番線についた各駅停車の窓から線路を見下ろすと冬季融雪の水路があり、あの暑い日にそこへ魚が泳いでいるのを見たのはずいぶん昔の事だった。

赤錆びた水路には何もいなかった。

土樽駅のすぐ脇に関越自動車が通っている。
なぜか冬に見た景色を思い出した。
RIMG00221.jpg

天都山。

天都山からの網走湖と能取湖。

7月の夕時。
もともとは、沿岸文化のアイヌの人々が見た夕景色。
いつの間にか山間地へ追いやられ、そのアイヌモシリから鮭すら自由に採る事をも許されずに
夕日ですら奪われた彼らを想う。

天都山の中腹にアイヌや北方少数民族の博物館がある。
物言わぬ彼らは、この黄金色の景色をガラスケースから見ている。
abashiritentozan0011.jpg

ちょっと寄り道。

RIMG02111.jpg RIMG02060022.jpg

「181」が来ない上越線なんて・・・。

むかし、駅寝(マルヨ)した大沢駅。新潟色の115が滑り込んだ。
アズキに黄色じゃないけれど・・・。

高台から線路越しに見た越後三山が蒼くかがやいていたのは、いつの事だったか。
山影を縫って朱鷺のヘッドマークも誇らしげに。

今でも傍らでは、人知れず水芭蕉が白い姿を、あの時と変わらぬままに・・・。

銀山・・・春。

RIMG01310021.jpg RIMG01260021.jpg RIMG01240021.jpg

銀山湖。
正式名称、奥只見湖。

民宿「村杉」。
故開高健氏ゆかりの宿、フィッシュオン最終章で紹介された宿といえばご存知の方もおられるかと思います。
今回も宿泊、釣り船とお世話になりました。
ブナの新緑が眼にまぶしく、川のせせらぎに心おどり癒される、いち日でした。
真ん中の写真の山は越後駒ケ岳、おととし登ったのですが良い山です。

新潟と言うより「越後」と呼ぶのに、ふさわしい山懐です。

山里の春

RIMG0090.JPG  RIMG0104.JPG

旧栃尾市から旧下田村。市町村合併により、長岡市と三条市に名前が変わりました。
三条水害、中越地震から一年半。撮影地へ向かう道すがら、雪解けを迎え今もいたるところで復旧工事が行われていました。
山間地の災害は、当たり前のことですが道路復興が出来なければ、文明の利器ともいえる重機といえども入れません。
平地ではあぜを作るのも機械化された今日。しかし山間地では、すべての作業が人手が頼りです。

やっと迎えた春の日差し。山影ではカタクリが咲き、山間の棚田の雪消えもまもなくです。