夏の日の夕暮れまで。

2009 08 26__2__20679.jpg

「今年は雨が多くて畑の豆は葉っぱばっかり育って・・・」

「畦の豆はいいんだども」

 

夏の陽が沈む前に畑の手入れに来たおじさん。

 

「農家はこればっかりはしょうがねぇすけ・・・」

 

 

モーターを唸らせ列車が通り過ぎる。

気が付くとブヨに刺されていた。

 

 

2009年8月26日  六日町~五日町。

 

お盆明け。まだ夏。

DSC_0063_0493_2.jpg

コンテナが少なくとも、いつもと同じように貨物列車は走る。

 

申し訳なさそうに付いたコンテナは、誰の荷物。

いつ、何処へ何のために・・・。

 

支える人支えられる人。

 

 

ラヂオからは甲子園の熱闘が青春のその日を伝えている。

 

 

2009年8月18日  大沢~石打。

 

梅雨の合間。

2009 07 21_0031_2.jpg

梅雨のあいまに見えたものは。森のあいだをすり抜ける列車。

 

一本前の貨物はボサっとしているあいだに通り過ぎてしまった。失態・・・。

 

しかし山登りが出来なくて、行ってもガスの中だったり、モヤっていたりと、

狙いの写真が撮れない。

 

梅雨明けを待つあいだせいぜいロケハンでもしましょうか。

 

 

2009年7月20日  越後中里~岩原スキー場前。

 

置賜・梅雨明け間近。

2009 07 15_0190_2.jpg

どこか上田の庄を思い出す風景。

上杉家転封の土地は、ただの偶然か・・・。

 

2009 07 15_0184_2.jpg

昼下がり、手持ち無沙汰の椅子たち。

雪や風にさらされた彼らに暖かいぬくもりがいつまでも続きますように・・・。

 

でも、もうすぐ夏休み。また寂しくなるんだね。

夏を乗りきり稲穂が色づく頃まで待っててね。

 

 

初めて訪れた置賜は、新幹線や高速道路が出来る前のあの頃があった。

 

 

2009年7月15日  白兎。