今は新幹線の下辺り。

夏休みの朝早く家を出てバイクで熊谷まで。涼しい時間に飛ばすバイクの気持ちいいこと。

此処は17号線と高崎線の間の築堤。今は丁度新幹線が上を跨いでいる辺り。この辺も住宅が出来て様変わりしたなぁ。

1979年7月   秩父鉄道。

黄昏の頃。

この時はまず大宮を発ち小出へ、只見線へ乗り換え会津大塩駅で野宿。次の日は会津若松、喜多方そして此処熱塩だったように記憶する。列車に揺られながら小さなメモに次に来た時のための撮影場所などを記録していたのだが今となってはそのメモは何処へ行ったのか・・。それでも特徴のある山のかたちや鉄橋、切り通しなどはその後の旅や撮影の折記憶の片隅から引っ張り出すとまるでカンニングペーパーを作っているうちに妙に記憶されて覚えてしまっているかの如くメモは要らなかったりもした。

熱塩駅は何年か前に旅の途中に寄ったことがある。蒸気機関車当時の写真や駅名標などが展示され、構内にはラッセルや茶色の客車が・・・。

あぁあそこから撮ったんだよなぁ・・。

そうそうホームはこんなだったっけ・・。

小さな駅は人の声もしないしディーゼルの匂いも何にも無い・・。

そうだ、今、夕暮れの駅から喜多方へ向かう車内のニスの匂いを想い出した・・・。

1980年7月   日中線。

日中線。

1974年の無煙化により蒸気機関車からディーゼル機関車。

貨物と客車の混合編成を見たのはこれが最後だったように記憶する。機回しをするディーゼル。長閑な山の麓の駅だった。

それでもこの後1984年まで線路は残ったのだったがこの一回限りの訪問だった。

1980年7月   日中線。

もう一つの秩父。

かつての秩父の姿を語るうえで養蚕は外せない。

小正月の繭玉に込めた思いをしてもどれだけ蚕を大切にしていたかわかる。その蚕の食べる桑の葉ももちろん大切にしてきた。

今は随分とその桑畑も減ってしまった。産業の移り変わりと言えばそれまでだが・・・。

聖なるお山武甲山は自らの体を削り秩父の民に生きる糧をあたえて今に至る。そして削られた体の一つ一つを小さな機関車は都市へと運んでいる。

たぶんこれからもずぅっと・・・。

1979年1月   秩父鉄道。

和銅大橋。

まだバイパスもないころ。蓑山にトンネルが通るとは夢にも思わない時代。140号線の黒谷を過ぎると川向うに至る新しい橋が出来たようだ。そして其の橋から見える秩父鉄道の鉄橋。

出来たばかりの橋の上から写真を何枚か撮ると河原へ降りてみたくなり、更には浅瀬を伝い右岸へ。見上げる鉄橋は夕陽に照らされていた。

帰りしなの水が冷たかったこと。更にはバイクに乗り薄暗い電球で照らされた道を帰ってきたんだっけ。

1978年11月   秩父鉄道。

冬の秩父の色。

冬が来ると秩父の景色を想い出す。

遠く西の空に奥武蔵の低山を望み頭一つ抜きんでた武甲山を確認する。更に向こうには両神山から連なる武信国境の山々。

バイクに機材を積んて゛その山懐である秩父の盆地へと足を踏み入れると、関東とは違うキンとした空気に触れることができる。

其の余韻は、今も昔も変わらない。

1979年1月   秩父鉄道。

いいでざおうだったっけ。

久しぶりの更新です。

またまた1979年の画像から。

天気が良くない日だったことだけは覚えている。実はこの後ある列車を烏山へ追いかけたのだが、イベント列車でつまらないので割愛。

今日の2枚は行きがけの駄賃ともいえるもの。

電化区間を往くDC、長編成に長距離・・。今では考えられません。

こちらは大相撲地方巡業用の仕立て列車。

グリーン車は協会関係者や横綱などの関取上位が鎮座し後ろは・・言わずもがな・・・。

1979年7月。   東北本線。

2321ㇾ。

列車中央に見えている建物は上尾高校の校舎。

その上尾高校に通っていた友人が言っていた。高校脇に新駅が出来るらしい・・。結局卒業してから暫く経った1988年にすったもんだの末開業となった。駅周辺の開発が進むとこの撮影地も撮れなくなり、今此処へ立つことも許されないような密集した住宅地に変わってしまうとは当時は想像もつかなかった。

1979年6月   高崎線。