夕暮れの横川駅。

軽井沢から降りてきて横川駅で今日最後の撮影。

上の写真は雑客の各駅停車。高崎から2326ㇾになる列車のようだ。菱形パンタ6つは何ともカッコイイ。下の写真は貨物を押し上げるロクサン、先頭にはロクニ。そして機回しするロクサン。

初めて横軽を訪れた訳だが開けた場所での撮影が叶わない線区なんだなぁと思った。当たり前だが最短距離で66.7‰を行き来するのだから一切の無駄を省いたその線形はトンネルと鉄橋の連続で本当に厳しいところだと実感した。

1979年4月   信越本線。

浅間と離山とロクサンと矢ケ崎変電所跡。

初めての軽井沢はそれまでに行ったどこでもなかった。それが第一印象。

旧18号で峠を越すといきなり広がる景色、普通は峠を越すとそこからまた長い下り坂があるものと思っていた。しかし軽井沢は違っていた。いきなりまさに高原という言葉がぴったりの雄大な景色が待っていた。

もちろん外国などには行ったこともない自分だが日本離れした景色というのはこうゆうものかとひどく感心したのを覚えている。

アプト遺構の変電所も残っていてそこへロクサンに牽かれる電車。なるほど急勾配がもたらす意味が少しわかったような気がした。

昨日女房とアウトレットに行ったのだが帰りしなにこの撮影地を見てきた。手前には新幹線の重厚なコンクリート、目を凝らすと奥には旧線の路盤と架線が見えた。しかし矢ケ崎の変電所は跡形もなく更地になっていた。アプト遺構の丸山変電所は鉄道遺産として再建されたがこちらはものの見事に無くなってしまうとは。新幹線建設おそるべし。

昨日はそれから北軽井沢に行き浅間牧場でアイスクリーム食べて草軽の痕跡を眺めつつ浅間大滝へそして二度上峠から倉渕、高崎を経由して藤岡から関越に乗って帰ってきました。

軽井沢の空気をまた吸いに行きたいなぁ。

1979年4月   信越本線。

横軽のロクサン。

横軽は熊ノ平の続きです。

トンネルの中からモーター音と共に列車が飛び出してくる。ロクサンの力強いモーター音と共に・・。今は旧線が遊歩道となり横川から此処熊ノ平まで来れるそうだ。18号線からも階段を上ると来られるみたい。しかし突っ込みトンネルが閉鎖されてからは一度も行っていない。

189も169も来ないもちろんロクサンも・・・。

1979年4月   信越本線。

熊ノ平。

熊ノ平へは18号線から旧線突っ込み線のトンネルを抜けると行くことが出来た。この頃は自由に車で出入りが出来たのだった。着いた熊ノ平の駅跡は旧線のホームが残っており白い大きな変電設備だろうか無人の建物と奥には殉難の碑と母子像。昭和25年の山津波の慰霊碑だと知った。

丁度その頃碓井線の紹介本を手に入れたが隧道番と呼ばれる人々がいたことも知った。名物力持ちの売り子がいた長閑な昔日のアプト式の時代に想いを馳せると同時にこのトンネルとトンネルのあいだの短い駅の使命を感じることとなった。

今は強力な機関車が2台、そうしなければ上り下りできない難所であることに変わりがなかった。

1979年4月   信越本線。

初めての碓氷線。

4月になり高校2年のスタートです。でもまだ春休みです。

初めての横軽です。今だったら此の撮影場所は駄目でしょうけど当時は手を上げて挨拶すると機関士や運転士が合図してくれたものでした。169を押し上げるロクサン。やたらブロアーとモーター音がでかいそれが第一印象でした。そんな碓氷峠ですが1997年に廃止となって23年・・もうそんなに経つんですね・・・。

1979年4月   信越本線。

飯士山を望む。

リゾートマンションが乱立する前の飯士山麓。

いわっぱらスキー場のなだらかな斜面はなんて素敵なんだろう。春の日差しはシーズンの終わりを告げているけど心躍る季節の到来なんだからしょうがない。

ピィーピッピッ・・ピィーピッピッ・・合図を交わして2台の機関車は山を下りてくる。

1979年3月   上越線。

水上から湯檜曽まで。

この日は水上から撮影をしながら湯檜曽まで歩いたんだっけ。そこそこの距離があり湯檜曽に着く頃は銀箱が少し重たいと思ったよ。ねぇS水!。この日も君と一緒だったね。今では考えられないがこの辺は線路脇の犬走を歩いたんだよね。今じゃ捕まるよ・・。

あの頃の湯檜曽駅はシーズンになると民間委託の駅員がいたように記憶している。上越線複線時に大きなコンクリートの駅になったが10年ぐらい前に改築されてやたらトイレが綺麗なこじんまりとした駅になった。

あの頃よく野宿した下の大きな待合室は下り線の列車が入るとすごい風が吹き抜けるそんな駅だった。

1979年3月   上越線。

大正橋ピーカン。

ご存じ大正橋。赤城山をバックに轟音を響かせゴハチが牽く列車がやってきた。当時、昼間の上越線スキー多客臨のホープと言えば8702ㇾだった。何度被写体としてお世話になったことか。

ブルーの客車にゴハチは良く似合うよ。

満員のスキー客を乗せて上野まではもう少し・・。

1979年2月   上越線。