EF57・宮浜・PM下り定番。

197605_5_001_1miyahama.jpg

土曜日の授業が終わると、学校からそのまま自転車で宮浜へ。

もちろん学生服で、カメラバック、三脚、そして肩掛けの学生カバンを積んで。

 

宮原から来る情報通の彼、地元のサンダル履きの彼、同じく地元のKIYOSHI、上福岡からダックスや自転車で来ていた人たち等々。

また、兄貴の所属していたゴナナ狂会の面々とも一緒になったりしていた。

だんだんと顔見知りになり、いつもわいわいやっていた。

歳がその中でも下のほうだったので、色々と教わることも多く充実した毎日だった。

 

日曜は、そんな仲間が揃うと、「ロワールのパン」。

123レの撮影が終わると、尾山台団地の中にあるパン屋へ。大概、自分とかKIYOSHIといった

年下の尚且つ自転車組みが買いに行くことが多かった。

 

カレーパン。おいしかったなぁ!。

 

 

おしゃべりが過ぎると122レがもう間もなく、何てこともあった・・・(荷41レは基本的に

ゴハチ運用だから撮らない)。

 

 

今しばらく宮浜通いは続きます。

 

(ゴハチやボンネットが出てこないのはご愛嬌、だってフィルムがもったいない・・・

こちとら中学2年生、有り余るお金なんかある訳も無く)。

 

 

1976年5月                                                  東大宮~蓮田。

 

EF57・宮浜・八甲田。

197605_4_002_1miyahama.jpg

135mmの望遠レンズを買ってすぐの写真。

 

55mmしか持っていなかったのだが、ようやく手に入れた望遠。

今だったら85mmか105mmを選択するのだろうけど、なぜか当時は周りの鉄ちゃんは

望遠といえば135mmだったように記憶する。確かに200mmはまだ一般的ではなかったし

値段も高かった。中望遠ではさしずめ135mmが、値段や望遠感の点で妥当だったの

かもしれない。(ズームレンズなんてものは選択肢に無かった)

 

しかしこの写真、電柱の切り位置が悪い。やっぱり85mmかなぁ・・・。(遅い)

 

1976年5月 東大宮~蓮田。

 

EF575・宮浜・回送。

197605_4_003_1miyahama.jpg

たぶん5番では。

ベンチレターの形状からして・・・。

 

当時、1番は別として、各車両のデッキの手摺、プロウ受け、メーカーズプレートなので

遠くから見ても機番が分かったものだ。

もちろん今ではだいぶ忘れてしまったが。

この列車たぶん回送では?。

 

1976年5月                                                                         東大宮~蓮田。

 

大宮駅・EF80。

197605_3_001_1oomiya.jpg

正直、沢山のネガの中から、記憶に無いと言うカットも存在することもしばしば。

 

雨降りなので、たぶん駅に行ったと思うのだが・・・。

ローズピンクのハチマルは塗装がくたびれ、さらにこの天気じゃ。

 

大宮駅の川越線ホームからは中線を挟んできれいな編成が撮れる事でよく行った。

 

 

たまにはゴナナ以外ということで・・・。

 

 

1976年5月 大宮駅。

 

EF57・宮浜・団地脇の森。

197604_3_004_1miyahama.jpg

宅地化の為、造成が始まった。

結果、新しい撮影場所がひとつ増えた。でもブルで均された地面に花が咲くことは無い。

期間限定の撮影地。

 

上りの8000番台か6000番台ではなかろうか。122レでは無いはず。

当時の、撮影機番や列車番号・シャッタースピード・絞りが書かれた記録ノートが手元に無いので

たぶん・・・。

 

1976年3月 東大宮~蓮田。

 

EF57・電基地。

197603_4_002higasi.jpg

197603_4_004higasi.jpg

東大宮の操車場。

「デンキチ」と呼んでいた。

 

宇都宮のカマの仕業にはここデンキチの入れ替えがあり、20系を牽くゴナナを見られるのは、

その後のダイヤ改正の「新星」まで無かったのでは、と記憶している。

 

すくそばに小さな公園があり、列車を待つ間、仲間と遊んだり話をしたりしていた。

また、毎回というわけではないが、近所の100円ラーメンに行ったのも良い思い出だ。

 

 

1976年3月 東大宮操車場。

 

EF57・宮浜・サイドビュー・荷48レ。

197603_4_005miyahama.jpg

フジカST801を買ったのは、ちょうどこの頃。

当時1/2000秒が切れた一眼レフは少なかった。

得意になって真横の構図を選んで撮った。

ゴナナのサイドビュー!!。

 

トライX・長巻。自家現像。当然引き伸ばしも。

ヨドバシの黄色いチラシ広告が懐かしい。

 

1976年3月 東大宮~蓮田。

 

宮浜再び。

2009 03 02_6933_001.jpg

通称、牛田の屋敷森。

 

やってきたのは各停。

三月の日差しと、名残の北風の青空。

 

花粉症になって、はや26年。

あの頃は、もちろん花粉症じゃなかったし、もっと3月を嗅いでいたはず。

 

屋敷森の後の定番ポイントには鉄が居た。平日だというのに。

 

 

2009年3月2日。 東大宮~蓮田。

 

EF57・宮浜・48レ。

197603_4_004miyahama.jpg

48レを牽くゴナナ。

 

白Hゴムの11番。

屋敷森をバックに颯爽と通り過ぎてゆく。

 

当時、宮浜でよく会う者同士で、何番のゴナナが好きかと話した折

「11番!」と言っていた小学生の彼。

その後、「レッドウォーリアーズ」のメンバーになった彼。

 

つい先日、大宮で「レッズ」のライブがあり、28年ぶりに再会を果たした。

数年前より、彼は北海道は塘路湖の近くでペンション「塘路の宿」を経営している。

 

 

 

塘路の宿 HP http://www9.plala.or.jp/touro/

 

 1976年3月 東大宮~蓮田。