XL250Rの頃。

19歳の頃。

見聞走と名付けた内輪のツーリングクラブの一コマ。

ソロツーリングにおいての顛末をその後の集まりのうえで話すのが趣旨だったように思う少し変わった集まりだった。もちろんたまには一緒にツーリングに行ったのだが基本はソロ。

もちろんこの時もソロ。午後に自宅大宮を出て17号から18号、上田の別所線無人駅で野宿。翌日は菅の沢林道から菅平そして中野へ下りてカヤノ平から奥志賀林道へそこから雑魚川林道。上の1枚目の写真は雑魚川林道途中の雪渓。

そして秋山郷から津南そして353で十二峠経由魚沼スカイライン。で2番目の写真。

この後台風に会って会越国境の林道に行くことなく足止めを食らい17号を帰ってきた。

見聞走という名のツーリングクラブは未だ健在!。

形は少し変えたけど趣旨と心意気は何ら変わらず生きている。そう・・・昨日もお互いの生きざまを報告しあったっけ・・・。

1982年   雑魚川林道。魚沼スカイライン。

「XL250Rの頃。」への2件のフィードバック

  1. こんにちは!
    若い!そしてイケメン!
    ホントですよ笑

    只見線の素晴らしい作品の数々、堪能させて頂きました。ありがとうございました。
    でも山登りは多分ワタシは出来ないやろなー

    1. この頃は鉄と山登りとツーリング。休みの予定は3ヶ月先までいっぱいでした・・。

      只見線は鉄がたくさん、トラブルになるのは勘弁なのでキハ40が引退するまで自粛です。景色は最高なのでキハ110になって落ち着いたらまた行ってみようかと思います。山登り案内しますよ!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA