落葉松林に・・。

キハの赤が銅色になる頃。冬の短い陽はもうすぐ暮れようとしている。

列車を待つあいだ手袋をした片方の手を取り煙草に火をつける。

段々と畝の轍と落葉松の影が交差する。

ペンタ6×7105mm。

1985年1月   広尾線。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA