やっぱり「とき」でしょう。

1978年はちょうど高校1年にあがった年。前項の都電荒川線が4月で少し背伸びをしてカメラも新調キャノンAE-1に。そしてモノクロはフジカST-801でスリックプレートの2丁切りが始まったころ。

それでも翌年の暮れにはブローニのマミヤC220がラインナップに加わるから35mmとの2丁切りは割と短かったことが分かる。35mmはその後キャノンEF、ニコンFMとなりブローニと35mmの2丁切りに。そしてその後ブローニはマミヤプレス、フジ6×9、ペンタ6×7が加わる。次第に35mmはどちらかというと2番手的な位置付けになっていった。

前々稿の小海線の写真の時のように山登りなどは35mmだったからそのおかげで撮影した鉄道写真も実は意外なところから見つかったりする。リバーサルのマウントが入ったケースの裏面に撮影日や内容が書いてあるのだがその内容は36枚の主だったものしか書いていないから実は意外なものが写っていたりする。

まだしばらくは35mmのポジがメインの頃が続きます。そんなわけでその中から少しは見られそうなものを少しづつ御笑覧いただければと思います。

1978年7月   高崎線。

「やっぱり「とき」でしょう。」への2件のフィードバック

  1. 貴宅でも始まりましたか!「あのころ本線」。
    私のはとにかく保存状態が悪くてこちらのつい最近撮ったような作品には及びもしませんが、虫干しのつもりで頑張りたいと思います。

  2. お久しぶりです。
    流石に40年を過ぎると褪色がみうけられます。なんとか見られるものをアップしてます。先週小海線に撮影に行き、ふと昔の撮影場所が気になり、大きなお茶箱から引っ張り出しました。
    年末に会えませんでした。また機会を作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA