デキ通過。

側線に入った列車はゆっくりと構内を行き本線へと渡る。

車体を軋ませ貨物を従える。傍らに居た保線の職員にホイッスルひとつ。

後ろの山には流れ雲の小さな影が通り過ぎる。

2020年2月7日   秩父鉄道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA