未来へ。

婚姻色を纏い川を上がるサクラマス。流れにたたきつけられ落下する数のなんと多いことか。五十匹に一匹もこの滝は登れないようだ。

子孫を残すためにただひたすら・・・。威厳を感じる滝の前で小一時間もその様子を眺めていた。

2019年7月   網走管内。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA