里山を往く。

午後の日差しがもうすぐ傾こうとしている。里山の田んぼに水が入るまでもう少し。道中の農家の庭先ではトラクターの整備に余念がない。

さぁ春の始まり、田越しして一年が始まる。

鳶が上空から見下ろす里山に汽笛が響く。

2019年4月16日   越後線。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA