黄昏。

「黄昏迫るころため息ひとつ・・」懐かしいメロディをふと口ずさむ。

沈んでしまった陽は少しばかりの残照を残し杉林との境を判らなくしてゆく。

さぁ帰ろう。

2019年2月6日     飯山線。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA