田植え間近。

春の訪れは水温む時、蛙の唄声から始まる。

大地も人も長かった冬から解き放たれた今、春の陽を謳歌している。

田んぼの土の匂いが素敵な季節の始まりを告げている。

 

 

2018年5月6日     越後線。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA