秋の夜長に。

RIMG054211.jpg
久しく、履くことのなくなってしまった靴。

手入れをしたままだ。

革とクリームの匂いが、あのときの山行を彷彿とさせる。

いとおしく苦しくもある過去。

山靴を眺め
過のひとを想い出すかな
夜の潟に
冬の使者の声を聞く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA